スピーカーの特徴を簡単に説明!

5.1chスピーカーの特徴

5.1chスピーカーの特徴

5.1chスピーカーの特徴 5.1chスピーカーは、前方の左右にステレオ音声用を1つずつ、中央に中音域を補うセンタースピーカーを配置し、後方にも左右にスピーカーを、中央に低音域を補うウーハーを配置することで、迫力があって臨場感も高いサウンドを楽しめるのが大きな特徴です。
音楽鑑賞よりは映画をはじめとする映像作品の鑑賞に向いており、自宅にホームシアターを設置する場合はこのタイプのオーディオ機器を設置すれば、映画館で鑑賞するときと似たような感覚で作品を楽しむことができるようになります。
また、5.1chスピーカーは、価格が高くて設置・保管のための場所が限られるのも特徴といえます。
価格は、小型のものだと1万数千円程度で販売されている製品が存在しますが、映画館に負けない迫力と臨場感を体感したい場合は価格が数十万円の大型の製品を購入しなければなりません。
設置する際もそれなりにスペースを確保しなければならず、使わないときの保管場所も広めにとる必要があります。

5.1chスピーカーの特徴と選び方について

5.1chスピーカーの特徴と選び方について 従来では2.1chや3.1chなどが主流でしたが、現在では前方左右とフロントセンターに加えて、後方左右にもスピーカーを配置する5.1chが人気です。
映画館のような立体音響を楽しめるのが最大の特徴となっています。
5.1chスピーカーの選び方には幾つかのポイントがあります。
まずはアンプとスピーカーの出力を合わせて購入することです。
出力が合っていないと故障の原因となるからです。
またコンパクトサイズの商品でも、シリーズで揃えることで上質な音響を楽しめます。
映画などを迫力あるサウンドで楽しみたい場合は、左右のフロントを大型にする方が良いでしょう。
リアスピーカーは空間の広がりを再現する役割をしているので、それほど大きくなくても構いません。
しかし音楽再生にこだわっている人は、リアも大型にした方がリアルな音響を楽しめます。
サブウーファーに関してはメーカーが異なっていても、それほど気になることはありません。

新着情報

◎2019/1/24

便利な携帯スピーカー
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

ハイレゾスピーカーの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

5.1chスピーカーの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「5.1 スピーカー」
に関連するツイート
Twitter

サカナクションは5.1サラウンドっていう囲うスピーカーをライブで使おうとしてチケット完売しなかったら赤字になるって笑いながらガチで言ってるんですけど、お金出すので欅のパフォーマンスも定点カメラで見せてくれ、、それかメンバー固定とか少人数固定とか、、お金出すから、、

5.1ch組もうとアンプやらスピーカー買い漁ったけど、家用っていちいちデカイ

Twitterさわべェ・・・@sawa9220

返信 リツイート 昨日 20:12

5.1スピーカー欲しいな

そういえば、昨日の映画館左のスピーカー死んでたんじゃないかな? ずっと右側からしか聞こえてなかった気がする 5.1サラウンドって書いてあったのに……

Twitter今度こそ参戦したい八朔@kotori_75

返信 リツイート 昨日 11:08

5.1chのAVアンプをヤフオクで購入し、娘と私の部屋に設置。 旦那さんがブツブツ言いながらスピーカーの設置をやってくれました(笑) 5.1chのプリキュアはヤバい(笑)

Twitterこなゆき@pythonでアプリ開発したい主婦@conayuki_nanibl

返信 リツイート 昨日 1:58

5.1サラウンドぐらいのスピーカー欲しい、これで淫夢見たい

どうしてもスピーカー5.1サラウンドしたいから譲れない

スピーカー8本(うち前3本はツイーター付!)で2万6千円は相当破格なんだ。 これでRX-V583辺りを買えば、ほぼ6万円でリアル5.1.2chのアトモス環境が手に入るんだ。オススメなんだ。 (賃貸だと天井に付けるの難易度高過ぎまるだけど) pic.twitter.com/W0Ij2xfdki

馬の耳が念仏。えっ、スピーカー内蔵?(2014.5.1 #私の好きな一色進フレーズ にまさかの師匠登場)

置き換え繰り返して、余ったスピーカー5.1組めちゃう...。 オーディオ趣味は、音質というよりも、音が何か変わった事自体を楽しんでる部分が(暴言)